お知らせ
お知らせ

SANMONJIYA

三

お知らせ

この度、三文字屋呉服店は皆様にご愛顧を頂き創業125年を迎えさせていただきました。
皆様への感謝の気持ちを込めまして、11月25日(金)~29日(火)の期間で創業祭を開催させて頂きます。
年に一度のとってもお買得な5日間となっております。皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

【特別企画】
色無地100色が11万円均一
お茶席やお祝いごとなど幅広い場面で活躍する色無地。一着持っていると便利な着物ですので、ぜひこのオトクな機会にお仕立てしてはいかがでしょうか。

【超破格値市】
宝の山!理由有り、難有り品在庫処分
振袖、色留袖、訪問着、小紋、名古屋帯、袋帯などを11,000円より一斉在庫処分いたします。

夏物大特価
絽小紋、夏お召、麻名古屋帯など季節外れの夏物を大特価でご提供いたします。

その他にも、人気の東レシルックや和装小物も大特価でご提供しております。
ぜひこの機会に足をお運びください。

ブログ:創業祭予告!!

ご来店予約・お問い合わせはこちら

七五三シーズンですね。三文字屋にも七五三のお着物を見にいらっしゃるお客様が増えております。
そこで、本日は七五三の基礎知識をお伝えいたします。七五三のお祝いをする際のご参考にしてください。

七五三のお参りはいつ?

七五三のお参りは、一般的には11月15日です。
しかし、当日や前後の土日はお参りをする神社が大変混雑するので、9月~11月中にお参りをするという方が多いようです。

年齢に合わせた七五三衣装

七五三のお祝いの年齢は、決まりがあるわけではありません。
地域の風習やご兄弟・ご姉妹の年齢、お子様の成長に合わせて、3歳、7歳でも七五三のお祝いをする男の子、5歳でお祝いをする女の子もいらっしゃいます。
ここでは、一般的な七五三衣装をご紹介します。

【3歳の七五三衣装】
3歳の七五三衣装
3歳の七五三は、女の子のお祝いとされる場合が多いです。
3歳の七五三では「三つ身」と呼ばれる子供用サイズの着物を着ます。
その上に「被布」という羽織ものを重ねて着るのが一般的です。

【5歳の七五三衣装】
5歳の七五三衣装
5歳の七五三は、男の子のお祝いとされる場合が多いです。
5歳の七五三では、着物に羽織を重ね、袴を着用するのが一般的です。

【7歳の七五三衣装】
7歳の七五三衣装
7歳の七五三は、女の子のお祝いとされる場合が多いです。
7歳の七五三では「四つ身」という、大人と同じ仕立ての着物を着ます。
三歳の衣装である被布は着ずに、帯を締め、帯のまわりに志古貴(しごき)、衿元には筥迫(はこせこ)、扇子を差して華やかに飾ります。

三文字屋呉服店では、七五三の着物はもちろん、小物も取り揃えております。
また、肩上げ、裾上げ、半襟付けなどのお直しも承っております。
七五三の着物でお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

三文字屋呉服店について

三文字屋呉服店では10月14日(金)から18日(火)まで、きものと帯の発表会「錦秋の三美会」を開催いたします。
この5日間の為だけにご用意させて頂いた特別な企画やご奉仕等、盛りだくさんの内容になっております。

「錦秋の三美会」
とき:10月14日(金)~18日(火)
場所:三文字屋 1階・4階特設会場

お手入れキャンペーンも開催しておりますので、お手入れをしたいクリーニングに出したい着物や帯がございましたらお持ち込みください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

三文字屋呉服店では、10月18日(火)まで、お手入れキャンペーンを実施しております。
夏着物や浴衣などをこの機会にクリーニングに出しませんか?
お召しになった後は、汚れが定着してしまう前に早めのお手入れをお勧めします。

生洗い・洗い張り・シミ抜き・色掛け・カビ取りなど、通常の料金から20%OFFとなります。
※生洗いで落ちなかったシミは別料金となります。お見積りは無料です。
着物についてのお悩みごとは、三文字屋呉服店にお気軽にご相談ください。

三文字屋の着物お手入れについて

ご来店予約・お問い合わせはこちら

3年ぶりに仙台七夕まつりが開催されました。

三文字屋スタッフで七夕飾りを心を込めて作成いたしました。
みなさんご覧になっていただけましたか?

また来年の七夕飾りも楽しみにしててください。

三文字屋について

三文字屋呉服店では、在庫一掃 超破格値市を開催いたします。
【日程】6月24日(金)~6月29日(水)17:00

<イチオシのキャンペーン>
正絹きもの帯(夏物も含む)が全品半額

東レシルックが全品20%OFF

ゆかた・ゆかた用小物が全品30%~50%OFF

和装小物が全品20%OFF

他にもビックリする価格の商品を多数を取り揃えております。

また、7月末まで、お手入れキャンペーンを実施いたします。
生洗いやシミ抜き等、通常の料金から20%OFFとなります。
この機会にぜひ袷や羽織などシーズンオフの着物をはじめ、
お手元の着物のお手入れにご利用ください。

みなさまのご来店をお待ちしております。

三文字屋の着物お手入れについて

三文字屋呉服店では、浴衣セールを開催しています。

今年は亘理町の『東北未来芸術花火2022』など花火大会やお祭りの開催も次々と発表されています。
久しぶりの夏祭りに浴衣を着るのはいかがでしょうか。

夏間近!浴衣セール♪

古典柄の浴衣や、色鮮やかな流行りの浴衣など、たくさんの色柄を取り揃えております。
ぜひ三文字屋呉服店に足をお運びください。

三文字屋の浴衣について

東レの「爽竹(そうたけ)」は、三文字屋呉服店でも人気の長襦袢です。
消臭・吸湿性・抗菌性に優れる竹を原料とした繊維を使用しており、
ソフトな風合いで肌に優しく、ムレにくいのが特徴です。

さらに、お手入れも洗濯機でOKなので、ご家庭で簡単に洗うことができます。
ジメジメした汗を書きやすい季節には重宝します!

夏用の透け感のある物から、単衣に向く物まで色各種取り揃えております。
ぜひ三文字屋呉服店にお気軽にご相談ください。

三文字屋について

桜の開花に合わせて桜柄の着物をお召しになりたい方も多いのではないでしょうか?
「桜柄の着物はいつ着るのがマナーなの?」「春しか着れないの?」そんな疑問にお答えします。

桜柄は描かれ方によってお召しになれる時期が変わってきます。

▼写実的に描かれている、枝も描いてある、桜単独で描いてある。
実際の桜に似せて写実的に描かれている着物などは、旧暦の春である1月頃から4月頃までがお召しになるのに丁度良い期間と言われております。
地方によっては実際の桜には敵わないということで、満開時に着るのは粋ではないという考えもありますが、当店では4月いっぱいまではお召しになって春を楽しんで頂ければと考えております。

▼デザイン化されている、他の季節の柄と一緒に描かれている
デザイン化(デフォルメ)されていたり、菊や楓など他の季節の柄と一緒に描かれている着物は、通年着ることができます。

着物初心者さんで、桜柄の着物をお探しの方は、季節を問わず通年着れるものがおすすめです。

どの柄が通年着れるものなのか見分けがつかない、着物選びに不安があるという方は、仙台の三文字屋呉服店にお気軽にご相談ください。

三文字屋呉服店について

三文字屋呉服店で人気の帯留めブランド『数suu』の新作、入荷しました!

春にぴったりなカエル、レモン。

そして日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎の「富嶽三十六景」、歌川国芳の「宮本武蔵の鯨退治」も。

帯留めでさりげないくオシャレしてみてはいかがでしょうか?

三文字屋呉服店のInstagramでも新作入荷情報を更新しています。
ぜひチェックしてください。

三文字屋呉服店Instagram